植物工場

Plant Factry
植物工場とは

作物の生育に重要な光、温度、培養液等を統合的に制御し、そのデーターを積み重ねて、長期にわたって、適切な環境制御により安定生産を図り、4定と呼ばれる「定時」「定量」「定質」「定価格」を重視した経営が可能な栽培システムと考えられます。
 すなわち、季節や天候に左右されず、計画的かつ安定的に生産できる栽培システムということができます。

ナッパーランド・ネットの植物工場

栽培が高度で緻密な管理を要求される「苗」の段階では、完全人工光型の植物工場である「苗テラス™」により、高品質な苗を周年・安定的に生産することができます。
 また、本圃に移植してからは、葉菜類は「ナッパーランド™」、果菜類は「カッパランド™」による水耕栽培で安定生産を目指し、ハウスには紫外線カットのフィルムを利用することで、無農薬や減農薬栽培が可能となります。また遮光や循環扇、ヒートポンプ、細霧冷房等を組み合わせることによって、夏季の高温抑制を統合的に行ないます。

導入事例

Case Studys

導入事例
水耕栽培事業でのグローバル化を目指して「きのくに農業村」

和歌山県橋本市農事組合法人 きのくに農業村  今月は、きのくに農業村様をご紹介いたします。きのくに農業村様は、和歌山県橋本市の温暖な気候に位置し、TPP対策の交付金の「産地パワーアップ事業」に採択され、平成29年3月に完 […]

詳 細
導入事例
太陽光利用型植物工場「オリックス八ヶ岳農園株式会社」

長野県富士見町オリックス八ヶ岳農園株式会社  今月は、長野県富士見町のオリックス八ヶ岳農園㈱様をご紹介いたします。同社は、オリックス㈱様と、地元でナッパーランド、苗テラスによるホウレンソウ栽培を経営されている㈱本多園芸様 […]

詳 細
導入事例
物流の強みを生かして、アグリ事業に参入「日通ファーム株式会社」

山梨県北杜市日通ファーム株式会社  今月は、日通ファーム株式会社様をご紹介いたします。日通ファームの親会社である日本通運株式会社様は、2013年当時、特に地方においてつながりの深い「農業分野」の発展に貢献しうるような、新 […]

詳 細