太陽光利用型植物工場「オリックス八ヶ岳農園株式会社」

長野県富士見町
オリックス八ヶ岳農園株式会社

 今月は、長野県富士見町のオリックス八ヶ岳農園㈱様をご紹介いたします。同社は、オリックス㈱様と、地元でナッパーランド、苗テラスによるホウレンソウ栽培を経営されている㈱本多園芸様にて設立されました。

 オリックス様は、アグリビジネスへの参入に非常に積極的な会社で、すでに兵庫にて人工光利用型の植物工場を手掛けていますが、このたび、八ヶ岳の自然の利を生かした、太陽光利用型の植物工場事業へ参入しました。

 オリックス八ヶ岳農園様は、本多園芸様の長年培ってきた農作物の生産ノウハウとオリックス様の金融、不動産、環境エネルギーなどの多岐にわたる事業の経営ノウハウ、および全国の営業ネットワークを生かし、効率的かつ安定的にお客さまへ農産物の販売を行います。このような取組は、これからの農業経営の中で、一番重要な要素ではないかと思われます。

 弊社のナッパーランド、苗テラスを選択された理由は、品質の良い葉物野菜が生産できることと、循環型であり熱消毒が可能で環境にやさしいシステムであったことが理由とのことです。八ヶ岳の地を選択されたのは、水質が良い水が豊富で、日照条件が良く、夏の夜温が低いことにより品質の良い野菜が生産できることに着目されたからです。

 平成27年の9月15日に竣工式を行い、現在計画以上に生産及び販売が順調とのことで、今回新設した約2,000坪だけでなく、本多園芸様が従来から生産されている野菜も含め、合計約3,200坪分の販売を手掛けています。販売ロスを極力少なくするために需要予測を常に行いながら生産をしており、販売先は、スーパー、デパート、レストラン等30か所以上で、関東を中心に中部、近畿地区まで対応しているとのことです。

 オリックス八ヶ岳農園様の経営管理部長を勤めるオリックスの岸田様は、新事業に対する意気込みと計画を遂行される緻密さを持たれています。来年春には、当初計画通り増設予定とのことで、これからの農業事業のモデルとなるよう、弊社もできる限りの協力をしていきたいと思っております。

経営概要

ハウス 間口9m×8R×93m 2,029坪
品 目 ホウレンソウ、ルッコラ、ケール他
出荷調整 別棟
被覆材 ダイヤスターUVカット
移動ベンチ 20.2m×180列 30ブロック
育苗 苗テラス 5段10棚4室
研究員 社員13名 パート22名
販売先 スーパー、デパート、レストラン他