2013年3月

展示会報告

(1)第3回「トマト・キュウリサミットin湘南」に苗テラス®、ダブル快適を展示

説明対応の様子

説明対応の様子

説明対応の様子

説明対応の様子

W快適(エアカーテン)

W快適(エアカーテン)

 2013年2月4日に神奈川県平塚市の「平塚プレジール」にて、全国野菜園芸技術研究会主催の第3回「トマト・キュウリサミットin湘南」が開催されました。今回は、「種苗最前線」と銘打って、種苗メーカーによる新品種の紹介や技術紹介が行われ、事例発表として、「高品質・高収益を目指して」をテーマにパネルディスカッションがおこなわれました。三菱樹脂アグリドリームからは、技術顧問の稲山光男氏が助言者として出席し、板木技術士事務所の板木利隆先生と共に、的確なアドバイスをさせていただきました。

 また、同時開催の「園芸資材・種苗・機器展示会」では、30社の展示があり、三菱樹脂アグリドリームとしては、苗テラスの1棚型と苗テラスで育成した、トマトやキュウリのセルトレー苗を展示いたしました。その他に、快適空乾を2重に加工したフイルムにエアを吹き込む(内張りとして使用)のダブル快適の現物展示もおこないました。

 当日は、トマト、キュウリ農家の方々を中心に、約450名の皆様の参加があり、会場は立ち見の出る盛況ぶりで、種苗に対する関心の高さが伺えました。弊社ブースにも、多くの方が訪れ、貴重なご意見やご提案をいただき、今後の商品開発に生かすべく、努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。

「展示内容」

 

(2)第34回施設園芸総合セミナー・機器資材展にルートリッチ®イチゴを展示

展示風景

展示風景

ルートリッチイチゴ

ルートリッチイチゴ

来場者の様子

来場者の様子

 2013年2月21日、22日に、東京・晴海客船ターミナル4階ホールにおいて、社団法人日本施設園芸協会主催の第34回「施設園芸総合セミナー」が開催されました。今回は、「施設園芸新技術とイチゴ高収益施設園芸の実現を目指して」をメインテーマに2日にわたっておこなわれ、特に2日目は、「イチゴ高収益施設園芸を目指す集い」が実施され、パネルディスカッションもおこなわれました。

 三菱樹脂アグリドリームは、イチゴの高設ベンチのルートリッチ®システムの実物展示を行い、来場者の皆様方の注目の高さに身の引き締まる思いでした。ルートリッチ®は、100%有機培地を使用した、環境にやさし少量固形培地耕で、培地の水分量を抑えることによって、高品質なイチゴ栽培が可能となります。興味のある方は、弊社までお問い合わせください。


「展示内容」